みりんおやつ

本みりんの効能

こんにちは^^

みりんおやつのレッスンに向けてのブログ第三段!今日は、本みりんの効果・効能について、書いていきたいと思います。


本みりんの効果・効能


img_4318

まずはお料理の面から(*^^*)

本みりんは、こんなうれしい効果を、お料理にもたらしてくれます。

  1. 上品な甘さ
  2. テリとツヤ
  3. うまみ
  4. 香り
  5. 消臭
  6. 煮崩れ防止

たくさんありますね ♪ 笑 では、順番に詳しくご紹介していきます。

1.上品な甘さ

甘さの成分である糖。同じ甘味をもたらす砂糖には、強い甘みをもつ、ショ糖しか含まれませんが、本みりんは、ブドウ糖やオリゴ糖をはじめとする約10種類の糖類が含まれます。おだやかな甘みをもつ、多種類の糖類で構成されているので、上品で、まろやかな味に仕上がります。

2.テリとツヤ

本みりんには、照りとつやに有効な糖類が含まれています。お料理で加熱することによって、照りとつやがでます。お料理って、見た目もすごく大切だから、照りつやを出すことで、味覚だけじゃなく、視覚も満たしてくれます。

3.うまみ

本みりんには、旨味成分と呼ばれるアミノ酸、グルタミン酸やアスパラギン酸が含まれています。その旨味成分が、多種類の糖類や他の成分と合わさって、お料理に深いコクとうまみを引き出してくれます。

4.香り

フェルラ酸エチルやフェニル酢酸エチルなどの香気成分が、加熱する過程で、甘い、いい香りを出してくれます。

5.消臭

アルコールやアミノ酸、有機酸などの反応で、魚などの生臭さを消してくれます。

6.煮くずれ防止

アルコールが素材に浸透して、身を引き締めてくれるため、煮くずれを防いでくれます。見た目が美しいだけでなく、うまみ成分も逃しません。

味、香り、見た目。あらゆる面からお料理をおいしくしてくれます。

IMG_4475

次に、栄養価について(*^^*)

本みりんには、糖化・熟成の過程でできる、アミノ酸やビタミン、有機酸などの、砂糖にはない栄養成分がたくさん含まれています。

これらの栄養素が、さまざまな栄養効果をもたらしてくれます。

1.腸内環境を整える

オリゴ糖や有機酸は、善玉菌を増やしてくれたり、腸内を酸性に保ってくれるので、腸内環境を整えてくれます。(腸内が酸性だと、善玉菌が優勢、アルカリ性だと悪玉菌が優勢となります。)

腸内環境が整うと、健康・ダイエット・美肌・免疫力アップ・精神の安定など、さまざまな健康効果があります。

2.疲労回復

疲労回復効果のある、クエン酸、アスパラギン酸、ロイシンが含まれていて、夏バテにも効果的です。

3.代謝促進

本みりんに含まれるビタミンB6は、たんぱく質を体の構成要素に変えてくれる働きをする栄養素です。髪や爪、肌の健康を維持してくれるので、美容効果もありますね。

このように、本みりんはお料理をおいしくしてくれるだけでなく、栄養がたくさん含まれる、素晴らしい伝統調味料なのです。

同じ甘味なら、わたしはなるべく、砂糖よりも本みりんを選びたいなと思います^^

こちらは、試作したみりんと甘酒の発酵アイスクリーム!

みりんチョコレートに続いて、旦那さんから「めっちゃおいしいーーー!!!」をいただけました ♪ 笑

レッスンでお伝えできたらなと思います(*^^*)

アイスクリームが食べたくなるこの季節、栄養たっぷりで、夏バテにも効果のあるみりんと甘酒でできた、濃厚なアイスクリームはいかがですか? ^^

次回は、スイーツの甘味としての本みりんの活用をお届けします。

どうぞ、お付き合いください ☺︎

では、今日はここまで ♪

素敵な土曜日の夜をお過ごしください(*^^*)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中