みりんおやつ

スイーツの甘味として使う本みりん

今日はみりんおやつレッスンに向けてのブログ第4段(*^^*)スイーツの甘味としてのみりんについてをお伝えしていきます。

「白砂糖が健康や美容の害になる」

というお話は、最近よく耳にしますよね。わたしも白砂糖はオススメしません。では、具体的にどのような害があるのでしょうか?


1.エンプティーカロリー


白砂糖は精製される過程で、ビタミンやミネラルなどの栄養素が失われるため、カロリーのみが残り、栄養素が皆無です。


2.血糖値の急上昇


血糖値の急上昇は、体にさまざまな悪影響を及ぼします。さまざまな病気の原因、太りやすさ、肌トラブル、老化促進、イライラなどを引き起こします。食品によって、血糖値の上がり方が違いますが、白砂糖は血糖値を急上昇させる食品のトップクラスです。


3.麻薬なみの中毒性


白砂糖には、麻薬なみの中毒性があります。精製された白砂糖を取り続けると、甘いものをどんどん欲してしまい、なくなるとイライラしたり、焦燥感を感じたりします。

砂糖中毒になって、上記のような悪影響を及ぼすお砂糖を取り続ける。

考えると、怖いですね‥。

だけど、甘いものって、忙しい毎日にひとときの安らぎをくれる。おいしいおやつって暮らしを豊かしてくれますよね。

だから、甘いものがダメ!!

って決めつけるんじゃなくて、質のいいもの選ぶことで、体と心の両方満たしてあげられたらいいなって思います。

例えば、

砂糖の中でも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が残ってる、甜菜糖やきび砂糖。

メープルシロップやアガベシロップ、はちみつなどのナチュラルな甘味料。

白砂糖をそういったものにシフトするだけでも、全然ちがってきます。

おやつの時間は幸せな時間。
ここは譲りたくないから。笑

そして、質のいい甘味として、わたしが注目したのが本みりんです。

え?スイーツに本みりん?甘いとは言ってもだいぶ控えめだし、お酒臭くない?

って思われるかもしれません。

けど、本みりんを加熱してアルコールを飛ばすと、ものすごく甘くなるんです。

加熱してアルコールを飛ばしたみりんを、煮切りみりんと言うのですが、わたしはこの煮切りみりんに、スイーツの甘味としての可能性を強く感じてます!!
(↑熱弁。笑)

先ほど、血糖値のお話をしました。

食品ごとの血糖値の上昇率を示す指標をGI値というのですが、このGI値が高ければ高いほど、血糖値を急上昇させる食品と言えます。

逆に言えば、GI値が低いほど、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、できるだけ、低GI値のものを選んだ方がいいのです。

そのGI値が、

白砂糖は109
メープルシロップは73
甜菜糖は65

ですが、本みりんはなんと15!!!
ほうれん草と同じなんです。笑

(一般的に、GI値が60以上が高GI、60以下が低GIとされています。)

煮切ることで糖度が増して、多少上がるかもしれませんが、それでも他の甘味と比べたら、そのGI値の低さは歴然。

そして、前記事にもかいたように、本みりんには、腸を整えてくれたり、ダイエットや美肌、疲労回復などにも効果がある、栄養がたくさん詰まってます。

低GIで、体にうれしい栄養もたくさん。煮切ることで出てくる芳醇な甘さ。

そんな素晴らしい本みりんをスイーツに使わない手はないかなって思います ☺︎

こちらは、煮切りみりんを使って作った、みりんチョコタルト ♪

グルテンフリー、ヴィーガン、シュガーフリーのビューティースイーツです。

みりんでこんなスイーツができちゃうんです♡

では次回は、おいしい煮切りみりんの作り方をご紹介したいと思います(*^^*)

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました ♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中